Menu

内臓の部位

Home

タン

牛の「舌」。
根元部分は最も柔らかく、上タンとして用いられます。

ハツ

牛の「心臓」を指し、「ココロ」と呼ばれることもあります。
ビタミンB1が多く含まれます。

ハツモト(コリコリ)

ハツの先端にある大動脈弓を指します。
ミズノミとも呼ばれ、ハラミの先にあります。

レバ

牛の「肝臓」であり、ビタミンB郡、鉄分など栄養豊富。
貧血防止や鉄分摂取が必要な人に最適です。

ハラミ

牛の「横隔膜」です。また、横隔膜からぶら
下がった位置にある肉を「サガリ」と呼びます。

ミノ

牛の第一胃は繊維を分解する役割で、切り開いたときの形が
蓑傘に似ている事から「ミノ」と呼ばれるようになりました。

ハチノス

牛の第二胃袋で、形状が蜂の巣に似ていることから
名付けられた名前です。

センマイ

牛の第三胃を指します。
朝鮮語の「チョニョプ」(千葉)が語源。

ギアラ

牛の第四胃袋で、人間の消化器と同じ役割を持ちます。
赤身の脂肪は濃厚な味わいが特徴で、煮込み料理にも適しています。

ショウチョウ(マルチョウ)

牛の「小腸」部分を指します。
コラーゲンを多く含み、栄養価が高いです。

シマチョウ

牛の「大腸」部分を指します。
メニューでは「ホルモン」としてご提供している部分です。

テール

牛の「尾」部分を指し、牛肉の部位で特に固い場所です。
スープを作る材料としてとても適しています。